アニメニクス

さくら、もゆ。コラボ〈邂逅 メアとクロ〉

第一話 しろいくろねこ

カンカンカン。


踏切の音がする。


ポーッ。


これは……汽笛?
どれもこれも、馴染みがない。


雲雀ヶ崎の展望台で、今夜もまた星空を見上げていたメアは、この場所では聞こえるはずのない音色を耳にしていた。

メア「汽車が……走ってるの?」

いったい、どこで?


メアはそのとき、見上げていた星空に流れ星を見つけた。

その流れ星は途中で途切れず、それどころか徐々にこちらに近づいてきて、あたかも隕石の飛来のようにしてこの展望台に着陸した。


いや。着陸というより、激突した。


ドゴーンって、爆発みたいな轟音も鳴っていた。


メア「な、なに……? なにが降ってきたの?」


メアはおっかなびっくりに、地面に落下して煙を上げているところに近寄った。
そこでは、黒猫が目を回して倒れていた。

いや、猫じゃない。頭にネコミミを生やし、お尻にしっぽも生やした、人型のなにか。

よく見れば黒くもない――全体的に白いのに、なぜ最初は黒猫だなんて思ったのだろう?

第二話 人見知りのねこ

その白い人型のなにかは、リュックサックを背負っていて、手にはなぜか虫取り網がある。

メア「これ……なんなの?」

ぴくりとも動かない。まさか、死んでる?
猫の死体? ううん……化け猫の死体?

メアは怖がりながらも、カマの柄で突っついた。ちょんちょんと。
すると、相手は気絶していただけらしく、ううーんとうなりながら、まぶたを開けた。


緩慢に上体を持ち上げ、首をきょろきょろさせたたあと、目を見開く。
その視線は、目の前のメアに注がれている。

顔が、沸騰したように真っ赤になった。

??「っ!」

その謎の化け猫は、一目散に逃げていき、近くの草むらに隠れてしまった。
どうやら、化け猫は人見知りらしい。メアは人じゃないから、ちょっと語弊はあるけれど。

ともあれ、メアもまた人見知りの気があるし、なんだか親近感が湧いた。
あの化け猫のことが放っておけなくなってしまった。

化け猫は隠れているが、しっぽが丸見えだったので、メアは苦もなく見つけることができた。

メア「ねえ」

??「っ!」

草むらが震え、見えていたしっぽがぴんと逆立った。

メア「えっと……あなた、なんなの。普通の人間と違うみたいだし……星神?」

??「……ほしがみ?」

草むらの中から、声が返ってきた。

メア「星神というのは、わたしみたいな存在のことよ」

??「……えっと?」

メア「悪夢を刈る死神ってこと」

??「悪夢……」

興味を引かれたのか、化け猫はひょこっと顔を出した。

第三話 邂逅 クロというしろいねこ

それから、目を泳がせながら、もにょもにょと唇を動かした。

??「わ、わたしは……悪夢を回収するために、ここに来たんだよ」

今度は、メアが困惑する番だった。

メア「……回収って? 悪夢は、刈るためのものよ」

??「きみが、なにをもって刈ると言うのか知らないけど……だけど今のわたしは、回収を役目としてる。正確には違うけど、不正確に言うことがここでは最も正確な言葉になる、と思う」

メアはちょっと呆れた。
この子は、アレだ。考えすぎて回りくどい、あの人と同じタイプだ。
ただ、あの人と違うのは、恥ずかしがり屋で口下手なところ。
だからメアは、話を円滑に進めるには、自分が主導になるべきだと考えた。

人見知りなんて、言ってられない。だって自分は、お姉さんだ。
あの人が恋い焦がれる彼女に負けないくらいのお姉さんに、自分はなりたいのだ。

メア「わたしはメア。あなたの名前も教えてくれる?」

??「……クロ」

メア「ねえ、クロ。あなたは悪夢を回収するって言ったけど、そのためにこの雲雀ヶ崎を訪れたってこと?」

クロ「あ……わたし、ちゃんと雲雀ヶ崎に下車できたんだね」

下車っていうか、空から地面に墜落してたけど。

クロ「途中に、駅がいくつかあったから、どの駅に降りればいいのか迷ったんだけど……」

クロが、口下手ながらも話した駅とは、なにを指しているのか。

メアは、博識で頭でっかちのあの人から聞いていたおかげで理解できた。

第四話 線路と駅と思い出の声

雲雀ヶ崎駅までの道中には、駅が三つある。

ひとつは、南雲雀ヶ崎駅。
駅のホームに降り立った瞬間に桜が出迎えてくれるという、春の名所となっている。
それだけではなく、あの双子巫女がいる星天宮もまた、この駅が最寄りとなっている。

もうひとつは、色内駅。
現在は廃駅となっている、旧手宮線の駅のひとつ。
だけどそこは、今も観光用として残っている。
休憩所に紹介パネルが並び、北のウォール街と呼ばれて賑わっていた当時の様子を垣間見ることができる。

そして最後のひとつは、手宮駅。
こちらもすでに廃駅となっていて、かつては手宮線の終点だった。
旧手宮線は、この地域の開拓や発展に大きく寄与したため、今でもイベントに活用され、市民や観光客に親しまれている。

廃線跡のほとんどは、文化財として大切に保存されている。
線路の踏切だって、当時のまま残っているのだ。

だから、メアは思った。
自分が聞いたあの踏切の音は、この線路の想い出の声だったのだろうと。
あの汽笛の音は、歓喜の声だったのだろうと。

そう。クロが乗ってきた、銀河鉄道の。

第五話 悪夢

公開までお待ち下さい。

第六話 太陽コロナ

公開までお待ち下さい。

第七話 あ△?□う☆の神?☆

公開までお待ち下さい。

第八話 K◆△M☆R-W△Y

公開までお待ち下さい。

第九話 エピローグ

公開までお待ち下さい。

CONTACT

小樽のアニメグッズ専門店!アニメニクスです☆人気のグッズやスケールフィギュアからねんどろいどまで幅広くお取り扱いしております☆手に入りにくい商品も予約購入で確実にあなたのお手元へ♪お気軽にお越しくださいませ☆彡

ABOUT

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP